当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

PKV-BK3KとPV-BL1Kの違いを比較したら4つだった!徹底解説!

家電

日立のスティッククリーナーPKV-BK3とPV-BL1Kの違いを比較して、徹底解説します♪

PKV-BK3KとPV-BL1Kの違いを比較したところ、以下の4つでした。

  • PKV-BK3Kは紙パック式だが、PV-BL1Kはサイクロン式
  • PKV-BK3Kはスティックスタンド付きだが、PV-BL1Kはスティックスタンドなし
  • PKV-BK3Kにはごみくっきりライト搭載
  • カラー展開

どちらも1.1㎏の軽量タイプのコードレススティッククリーナーなので手軽にサッと使える掃除機です♪

大きく違うのは、「紙パック式か、サイクロン式か」「スティックスタンドがあるか、ないか」「ごみくっきりライトがあるか、ないか」「カラー展開」の4点です!

本文にて詳しくお話ししますね^^

▼スティックスタンドありで紙パック式!PKV-BK3Kのカラーはライトラベンダー1色です♪

>>>PKV-BK3Kの口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

▼スティックスタンドなしのサイクロン式!PV-BL1Kのカラーはホワイト1色です♪

日本製 片手でラクラク軽量1.1kg 日立 ラクかるスティック 自走式 ハンディブラシ すき間用吸口 延長パイプ PV-BL1K-W ホワイト スティッククリーナー PV-BL1K PVBL1K HITACHI 掃除機
スポンサーリンク

日立PKV-BK3KとPV-BL1Kの違いを比較

日立スティッククリーナーPKV-BK3KとPV-BL1Kの違いは以下の4点です。

  • PKV-BK3Kは紙パック式だが、PV-BL1Kはサイクロン式
  • PKV-BK3Kはスティックスタンド付きだが、PV-BL1Kはスティックスタンドなし
  • PKV-BK3Kはごみくっきりライト搭載
  • カラー展開

それぞれの違いを詳しくご紹介しますね。

PKV-BK3Kは紙パック式だが、PV-BL1Kはサイクロン式


PKV-BK3Kの集じん方法は紙パック式ですが、PV-BL1Kはサイクロン式です。

PKV-BK3Kの紙パックは、家庭用のごみの量であれば約2か月に1回の交換で大丈夫です★

ごみでいっぱいになった紙パックは取り出してそのまま捨てるだけでOKです。

ごみに触れることなく捨てることができるので衛生的ですね^^

一方、PV-BL1Kのサイクロン式は、掃除をする度にごみを捨てる必要はありますが、紙パックを購入する必要がありません。

PV-BL1Kは、消耗品の紙パックを買う必要がないので経済的です♪

PKV-BK3Kはスティックスタンド付きだが、PV-BL1Kはスティックスタンドなし


PKV-BK3Kには収納用のスティックスタンドが付属されていますが、PV-BL1Kには付属されていません。

PKV-BK3Kのスティックスタンドは立てかけて収納できますが、充電はできないので注意してください。

充電するときは専用のACアダプターを本体に差し込めば充電できます。

収納スタンドで充電できるタイプのスティッククリーナーが気になるという方は、PV-BL50Kがおすすめです♪

▼PV-BL50Kは1.4㎏でサイクロン式★スタンド式充電台付きです♪

PKV-BK3Kはごみくっきりライトが搭載


PKV-BK3Kはごみくっきりライトが搭載されていますが、PV-BL1Kには搭載されていません。

ごみくっきりライトは、緑色のLEDライトで見えにくいごみも浮かび上がらせる機能です。

合計5灯の光で見えにくかったごみも浮かびあがらせることができるので、ベットの下や家具のすき間などの暗い場所も、ごみが見えやすくなります。

カラー展開が違う

PKV-BK3KとPV-BL1Kはどちらも1色展開なのですが、カラーが異なります。

紙パック式でスティックスタンドありのPKV-BK3Kは

  • ライトラベンダー

サイクロン式でスティックスタンドなしのPV-BL1Kは

  • ホワイト
日本製 片手でラクラク軽量1.1kg 日立 ラクかるスティック 自走式 ハンディブラシ すき間用吸口 延長パイプ PV-BL1K-W ホワイト スティッククリーナー PV-BL1K PVBL1K HITACHI 掃除機

どちらもスタイリッシュなデザインなので、お部屋のインテリアや雰囲気になじみやすいカラーです★

紙パック式とサイクロン式では、本体自体のデザインにも違いが出てくるので、どちらのデザインとカラーが好みかも選ぶ際のポイントになりそうですね^^

集めたごみが目見えない方が良い!という方は紙パック式のPKV-BK3Kが良さそうです!

PKV-BK3KとPV-BL1Kはどっちがおすすめ?

PKV-BK3KとPV-BL1Kの違いを踏まえたうえで、どっちがどんな方におすすめか整理しますね。

PKV-BK3Kがおすすめな人


  • 軽い掃除機が欲しい
  • ごみ捨てを頻繁するのが面倒臭い
  • 立てかけて収納できるスティックスタンドありがいい
  • ベッドの下や家具のすき間などの暗い場所の掃除もしたいから、ごみくっきりライト搭載がいい

前述の通り、PKV-BK3Kは紙パック式なので家庭用のごみの量であれば、ごみ捨ては約2か月に1回程度でOKです!

掃除機をかける度にごみを捨てるのが面倒臭い…という方には、紙パック式のPKV-BK3Kがおすすめです♪

スティックスタンド付きで立てかけ収納ができるので、掃除機を置く場所に困ることがないのも嬉しいポイントですね^^

気が付いたときにサッと掃除できる場所に掃除機を置いておきたいという方は、スティックスタンド付きのPKV-BK3Kが良いですね♪

PV-BL1Kがおすすめな人


  • 軽い掃除機が欲しい
  • 紙パックは購入したくない
  • 収納スタンドは必要ない

PV-BL1Kはサイクロン式なので、紙パックの購入は不要のため経済的です!

その都度ごみを捨てるのはそれほど面倒ではないという方は、PV-BL1Kが良いですね^^

紙パックを購入しなくていいサイクロン式が欲しいけど、スティックスタンドも欲しい!という場合は、スティックスタンドのみの購入も可能です!

注:スティックスタンドでの充電はできないのでご注意くださいね。

▼PV-BL1K対応のスティックスタンドはこちら♪

PKV-BK3KとPV-BL1Kの比較表

  • 紙パック式でスティックスタンドありのPKV-BK3K
  • サイクロン式でスティックスタンドなしのPV-BL1K

の違いを表にまとめました♪

違いは赤文字にしています。

商品名かるパックスティックPKV-BK3KラクかるスティックPV-BL1K
カラーライトラベンダーホワイト
商品サイズ(長さ×幅×高さ)スティック時:205mm×230mm×1082mm
ハンディ時:409mm×84mm×156mm
スティック時:205mm×230mm×994mm
ハンディ時:321mm×90mm×172mm
ヘッドごみくっきりライト搭載
製品質量(本体質量)1.1㎏(0.8㎏)1.1㎏(0.8㎏)
タイプ紙パック式サイクロン式
集じん容積0.4L0.15L
連続使用時間強:約8分
標準:約30分
(※パワフルスマートヘッドライト非使用時約45分)
強:約8分
標準:約30分
(※パワフルスマートヘッドライト非使用時約45分)
定格電圧リチウムイオン電池(18V)リチウムイオン電池(18V)
充電時間約2時間約2時間
付属品・ハンディブラシ
2WAYすき間ブラシ
・延長パイプ
スティックスタンド
・ACアダプター
パックフィルター1枚
・ハンディブラシ
すき間用吸口
・延長パイプ
・ACアダプター
お手入れブラシ
消耗品(別売り)パックフィルター6枚入り(GP-S120FS)

比較表を見てみると、PKV-BK3KとPV-BL1Kは機能的にほぼ変わらないのがよくわかりますね♪

▼紙パック式でスティックスタンドありならPKV-BK3K★

▼サイクロン式でスティックスタンドなしならPV-BL1K♪

日本製 片手でラクラク軽量1.1kg 日立 ラクかるスティック 自走式 ハンディブラシ すき間用吸口 延長パイプ PV-BL1K-W ホワイト スティッククリーナー PV-BL1K PVBL1K HITACHI 掃除機

▼サイクロン式でスティックスタンドありがいいという方は、スティックスタンドのみ別で購入することもできます!

日立スティッククリーナーPKV-BK3KとPV-BL1Kの共通の機能や特徴

ここからはPKV-BK3KとPV-BL1Kの共通の機能や特徴についてお話ししますね♪

片手でラクラク使える軽さで驚きの吸引力


PKV-BK3KとPV-BL1Kは軽量1.1㎏と強力な吸引力を兼ね備えているので、さまざまな場所のごみをラクラクしっかりキレイにできます。

一般的なコードレススティック型掃除機の重さは2㎏前後のタイプが多いなか、1.1㎏はおよそ半分の重さということですね♪

軽量タイプの掃除機で一番気になるのは吸引力ですが、PKV-BK3KとPV-BL1Kならしっかり吸い取ってくれるので、手軽にサッと使えてすみずみまでキレイになるのはとても頼もしい掃除機だと思います^^

からまんブラシ


PKV-BK3KとPV-BL1Kのブラシは2020年のタイプから改良され、ブラシの先端をループ状にすることで髪の毛やペットの毛がからまりにくくなりました。

ゴミを吸い込みだけでなく床やフローリングに付着した菌もふき取ってくれるので、拭き掃除をしたようにスッキリキレイになります♪

回転ブラシはヘッドの前側に近づけて配置されているので、壁ぎわのゴミもしっかり吸い取ってくれます★

PKV-BK3KとPV-BL1Kは自走式で軽い力でもスイスイ前に進むので、手首への負担も軽減されます。

ヘッドは左右90度に曲がるので、掃除しにくい壁ぎわや家具の下などの低いところでも扱いやすく隈なくキレイにすることができますよ!

日立スティッククリーナーPKV-BK3KとPV-BL1Kの違いを比較まとめ

以上、日立スティッククリーナーPKV-BK3KとPV-BL1Kの違いを4つお伝えしました★

PKV-BK3KとPV-BL1Kの違いは4つです。

  • PKV-BK3Kは紙パック式だが、PV-BL1Kはサイクロン式
  • PKV-BK3Kはスティックスタンド付きだが、PV-BL1Kはスティックスタンドなし
  • PKV-BK3Kにはごみくっきりライト搭載
  • カラーが違う

どちらも1.1㎏の超軽量掃除機で、吸引力も充分なので手軽にサッと使えるコードレススティッククリーナーです。

大きく違うのは「紙パック式か、サイクロン式か」「スティックスタンドありか、なしか」という点です。

その2点に着目すると決めやすいかと思います^^

ごみをその都度捨てるのが面倒くさい、という方はPKV-BK3Kがおすすめです!

消耗品の紙パックを購入たくないという方は、PV-BL1Kがいいかと思います♪

PV-BL1Kはスティックスタンドが付属されていませんが、スティックスタンドだけ購入することも可能です★

参考になりましたら嬉しいです^^

▼紙パック式でスティックスタンドありのPKV-BK3Kはこちら♪

>>>PKV-BK3Kの口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

※スティックスタンド自体に充電機能はついていません。

▼紙パック不要のサイクロン式PV-BL1Kはこちら♪

日本製 片手でラクラク軽量1.1kg 日立 ラクかるスティック 自走式 ハンディブラシ すき間用吸口 延長パイプ PV-BL1K-W ホワイト スティッククリーナー PV-BL1K PVBL1K HITACHI 掃除機

▼PV-BL1K対応のスティックスタンドはこちらです♪

▼充電式のスティックスタンドが気になる!という方は、PV-BL50Kも要チェックです★

日立PKV-BK3KとPV-BL1Kはふるさと納税対象?

PKV-BK3KとPV-BL1Kは残念ながら楽天ふるさと納税の返礼品対象ではありませんでしたが、先ほど少しご紹介した充電式スタンドのPV-BL50Kは楽天ふるさと納税の返礼品対象でした♪

PV-BL50Kは1.4㎏のサイクロン式で、充電スタンドがついています★

楽天ふるさと納税の手順はこちらで詳しく説明されているので、チェックしてみて下さい!

かんたんシミュレーターで自分の寄付限度額を調べることもできます^^

実質2,000円で購入できるなら楽天ふるさと納税もありかもですね♪

>>>楽天ふるさと納税はじめてガイドはこちらから


日立のスティッククリーナーをお得に購入する方法♪

最後に日立のスティッククリーナーをお得に購入する方法をお伝えしますね♪

楽天カードはお持ちですか?
今なら新規入会で5000ポイントもらえるキャンペーンをやっています^^

楽天ポイントは、楽天市場でのお買い物はもちろんコンビニやドラッグストア飲食店など街中でも使えます。

また楽天カードを持っていると今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪
とってもお得ですよね^^?

持っていて損はないのでもしお持ちでなかったらこの機会に作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできます

スポンサーリンク
スポンサーリンク
家電
コトノハ