当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

JPI-X100とJPI-Y100の違いを比較!どっちがおすすめ?タイガー圧力IHジャー炊飯器

家電

タイガー圧力IHジャー炊飯器JPI-X100とJPI-Y100の違いを比較して、徹底解説します♪

JPI-X100とJPI-Y100の違いを踏まえて、どっちがどんな方におすすめかについてもお伝えしますね。

JPI-X100とJPI-Y100の違いは、以下の4つです。

CHECK
  1. 内釜のコーティング
  2. 底面の泡立ち加工
  3. カラー展開
  4. 価格

JPI-X100とJPI-Y100で大きく違うのは、底面泡立ち加工とカラー展開です。

土鍋で炊いたような美味しいご飯を食べたい!と考える人は、JPI-X100

ご飯を毎日炊く!お手入れしやすい方が良い!という方は、JPI-Y100

を選ぶと良いですよ^^

本文にて詳しくお話ししますね。

▼JPI-X100のカラーは、フォグブラック、タルクホワイト、バーガンディの3色展開です♪


▼JPI-Y100のカラーは、ブルーブラックとピュアホワイトの2色展開です♪

スポンサーリンク

JPI-X100とJPI-Y100の違いを比較!タイガー圧力IHジャー炊飯器

JPI-X100とJPI-Y100の違いは以下のつです。

CHECK
  1. 内釜のコーティング
  2. 底面の泡立ち加工
  3. カラー展開
  4. 価格

一つずつ詳しくお話ししますね。

JPI-X100とJPI-Y100の違い①内釜のコーティング

公式サイトより引用

JPI-X100とJPI-Y100では、内釜のコーティングが違います。

JPI-X100の内釜は9層でコーティングされています。

細かな泡でお米を包み込み、土鍋で炊いたときのようなご飯を炊き上げることができます★

一方JPI-Y100は、5層コーティングです。

5層コーティングでも、お米の本来のうまみや甘みを引き出すには十分な加熱効果がありますよ♪

JPI-X100とJPI-Y100の違い②底面の泡立ち加工

公式サイトより引用

JPI-X100には、「底面泡立ち加工」という加工が施されています。

約6,500個の細かな凸形状が、土鍋のような泡立ちを強化し、ふっくらとした炊きあがりになります。

泡立ちの中でお米ひとつぶ一粒をしっかり包み込むので、お米の芯までじっくり加熱することができ旨味を引き出すことができますよ。

JPI-X100の方が、ご飯をよりおいしく炊ける!ということですね^^

JPI-X100とJPI-Y100の違い③カラー展開

JPI-X100とJPI-Y100は、カラー展開が違います。

JPI-X100のカラーは

  • フォグブラック
  • タルクホワイト
  • バーガンディ

の3色展開です。

公式サイトより引用

JPI-X100バーガンディ(画像一番右)は100周年特別カラーです♪

バーガンディは深みがあって高級感のあるカラーですね。

バーガンディが良い!という方は、JPI-X100一択だと思います^^

JPI-Y100は

  • ブルーブラック
  • ピュアホワイト

の2色展開となっています。

公式サイトより引用

JPI-X100とJPI-Y100の違い④価格

JPI-X100とJPI-Y100は価格が違います。

価格は日々変動していますし、ショップによっても異なるので、最新の価格が知りたい!という方は、こちらも参考にしてみて下さいね⇩

▼内釜が9層コーティングで、カラーにバーガンディがあるJPI-X100はこちら

▼内釜5層コーティングのJPI-Y100はこちら

JPI-X100とJPI-Y100どっちがおすすめ?

JPI-X100とJPI-Y100の違いを踏まえて、どっちがどんな方におススメかもお話ししますね。

JPI-X100がおすすめな人

  • お米のうまみや甘みを最大限に引き出す炊飯器が欲しい!
  • 土鍋で炊いたようなご飯が食べたい!

土鍋で炊いたような美味しいご飯を炊きたい!と考える人には、JPI-X100が良いですよ★

JPI-X100は、お米の芯までじっくりと加熱し、旨味や甘みを引き出すことができるのです。

JPI-X100には、新しいカラーバリエーションとして「バーガンディ」が追加されています!

炊飯器のデザインや色にこだわりを持つ人、バーガンディを希望する人には、JPI-X100がいいですね♪

▼JPI-X100はこちら

JPI-Y100がおすすめな人

  • 土鍋で炊いたようなご飯が食べたい!
  • 美味しいご飯を炊きたい!
  • お手入れしやすい炊飯器が欲しい!

JPI-Y100も、今まで使っていた炊飯器との違いを確かに感じられると思います♪

また、JPI-Y100の内釜の底は、凹凸のないツルンとした形になっているので、洗いやすいです。

ご飯を毎日炊く!使用する頻度が高い!という方は、お手入れしやすいJPI-Y100の方が良いですよ^^

▼JPI-Y100はこちら

JPI-X100とJPI-Y100の共通の機能と特徴

ここからは、タイガーの圧力式IHジャー炊飯器JPI-X100とJPI-Y100について、共通の機能と特徴をお話ししますね。

土鍋かまどコート釜(土鍋のような遠赤効果と蓄熱性)


JPI-X100とJPI-Y100は、土鍋のような遠赤効果と蓄熱性を持つ特別なコーティングが施された内鍋です。

土鍋の蓄熱性を再現しているので、お米にしっかり熱が伝わり芯までふっくら炊き上げることができます。

内なべには「遠赤土鍋コーティング」を施しているので、細やかな泡立ちでお米を沸騰させて美味しさを引き出してくれます。

調理メニュー

JPI-X100とJPI-Y100は、食材を入れて放置するだけで調理ができる機能付きです。

単なる炊飯器以上の機能を持つJPI-X100とJPI-Y100は、キッチンの多機能ツールとして非常に魅力的です!

家事の時短にもなるので、家事に育児に忙しいママの強い味方にもなりますね♪

▼JPI-X100はこちら

▼JPI-Y100はこちら

JPI-X100とJPI-Y100の違いを比較まとめ

以上、JPI-X100とJPI-Y100の違いについてお話ししました^^

JPI-X100とJPI-Y100の違いは、以下の4つです。

CHECK
  1. 内釜のコーティング
  2. 底面の泡立ち加工
  3. カラー展開
  4. 価格

JPI-X100は、大火力で細かな泡で生み出しお米を包み込みます。

土鍋で炊いたときのようなご飯を炊き上げることができます★

また、新しいカラーバリエーションとしてバーガンディが追加されています。

土鍋で炊いたような美味しいご飯を食べたい!カラーはバーガンディが良い!と考える人は、JPI-X100がいいですよ^^

ご飯を毎日炊く!お手入れしやすい方が良い!という方は、JPI-Y100を選ぶと良いですね★

この記事が、JPI-X100やJPI-Y100の購入を検討されている方の参考になりましたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

▼JPI-X100はこちら

▼JPI-Y100はこちら

タイガー圧力IHジャー炊飯器JPI-X100とJPI-Y100をお得に購入する方法

最後に、タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器JPI-X100とJPI-Y100をお得に購入する方法をお伝えしますね^^

楽天カードはお持ちですか?
今なら新規入会で5000ポイントもらえるキャンペーンをやっています!

楽天ポイントは、楽天市場でのお買い物はもちろん飲食店やコンビニ、ドラッグストアなど街中でも使えます。

また楽天カードを持っていると今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪
とってもお得ですよね^^?

持っていて損はないのでもしお持ちでなかったらこの機会に作ってくださいね。

>>>【クリック】楽天カードを今すぐ作ってお得に購入したい!という方はこちらからどうぞ♪

▼楽天カードの新規作成はこちらでできます♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
家電
コトノハ